手相・風水・風水アイテム・パワーストーンのお店『吉咲(きっしょう)』

住所:新潟市西区五十嵐中島3-23-44 TEL:025-261-4039

四柱推命・その他

四柱椎命
その人の生年月日時の干支(えと)を対象として、性格・運命を占断する一種の占術です。
その推断の確率は非常に高く古来より重用され続けて今日に至っています。
歴史を振り返てみると、古代中国の殷王朝(紀元前1400年〜1300年)の中頃に当時の都、河南省安陽付近の殷墟から亀の甲羅や獣骨の破片が数多く発見され、そこには、沢山の文字が、刻まれておりこれを『甲骨文』呼ばれていました。甲骨文字を解読した結果、殷の時代にすでに五行説の源が出来上っていたようです。
また五行説と関係の深い十進法で表される『十干』と十二進法の周期を表す『十二支』との組み合わせを用いた『六十干支』を使って日付や干支も占術として使用されていた。しかし人の命運を占断する四柱椎命学の基を始めて作ったのは、中国・唐代の大夫「李虚中」であったとされています。
五行説は、古代中国の哲理で、万物は、『木』『火』『土』『金』『水』の五つの元素から成り立つと考えており、中国人はこれらの五行が人々の人生や運命をも構成すると考えています。
五行説は、秦の始皇帝時代「鄒衍(すうえん)」が『相剋五行』という説を考え、その後約200年後に前漢の末期に「劉向(りゅうこう)と劉歆(りゅうきん)」父子が『相生五行』による王朝交替の説を考えたとされます。これが、現在の五行システムの基礎であると云われています。
この五行相互作用(五行の相生と相剋の関係)を生のサイクル、破壊のサイクルの影響によって自然界は成り立っています。
例えば・・・
木は火を、火は生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じます。
そして、水は火を消し、火は金を溶かし、金は木を切り、木は土を砕きます。
これらは宇宙の法則とみなされます。
全てに法則があるので、将来の予測も可能です。人間の運命を含め、万物は同じ法則にしたがいます。
四柱椎命は、誕生日を基にした個人の運命を占う卓越したシステムでその人の出生情報を基に鑑定を行う占術で、生まれた年、月、日、時間と五行の相生 相剋サイクルの相互間系を分析することによって運命の詳細を読むことが可能になります。
それは、金運・対人関係・結婚運・健康運・生まれた環境や未来の予測や職業・病気・仕事運・独立・人の性格などを観ていきます。

人生の中の偶然性や運の魔可不思議な要素を理解できる最高に便利で深遠なツールです。
もちろん自分自身だけでなく他人をも理解する助けにもなり、現在直面している色々な問題の性質を認識する深い洞察を与え、人生の新しい方向性や適切なタイミングなどの物事を決定するときに有益な参考になります。
方位学
方位には、吉凶があることは、ご存じでしょうか?
方位には、人によっていい方位と悪い方位があり、いい方位に行けば幸運が起こり悪い方位に行けば不運な事がおきます。
方位を知って行動を起こす人と、方位を知らないで行動を起こす人では大きな差が出てきます。
たとえば、結婚運がなく、なかなか結婚できなかった人が、結婚できる方位に旅行に行き、あっという間に素敵な人と会い、結婚できたとか・・・
お金に困っていた方が、金運の良い方位に旅行に行って、その後大金を手にしたと言うように、方位学は誰でもすぐ使える即効性のある占術の一つです。
そのすごい効果を活用して頂き、幸せになってもらいたいと願っています。

ただ行くだけで、幸運を手にします。
あなたも開運方位で、今のあなたを変えてみてください。
ぜひ、そのすごさを実感してください。
開運方位によるお問い合わせは、次の内容が多いです。
易経は遊牧民族であった漢民族が、周時代(紀元前1046年頃〜紀元前710年)黄河流域に定着しての農耕生活を開始するようになり、自然の変化、とくに東南アジア特有の春夏秋冬の変化に必要不可欠となり、そこで周〜漢代に及ぶ1200年の余りの長い期間をかけて、大自然の変化の法則八卦を六十四卦の配列にして体系化した統計学的学問である。これらは、実線か破線で成り立つ線〔爻〕から構成され、宇宙二元論である陰陽論が反映されています。
易学には、概ね『断易』と『周易』の占断方法があります。
断易(五行易)は・・・失物、仕事、投資、病気、勝負等に良い効果がある。
周易は・・・即断しなければならない時、結婚可否、家の購入の可否、会社設立の可否等、人生を左右する重大事の精神的助言は『周易』で占断。
失った物が見つかるか、行方不明の方は見つかるか、ペットがいなくなったので見つかるか?などの物探しや勝負事などは『断易』で占断をすることが望ましい。

易は、ある質問に対する心にある答えを得るためのツールです。
占う道具は、筮竹・サイコロ・コイン他があり、ここでは、コインを使用します。
三つのコインを六回振って、六本の陰陽の線(爻)から成る卦で判断します。
その卦の陰陽の各線(爻)の相互関係を読みとることにより、その質問の答えになるヒントを導くことができます。この易経は古代の中国の皇帝や貴族の間に使われてきた強力な『予言道具』で、戦国の戦い場でも使用され、勝利や敗北を事前に知ることができた強力なツールであったのです。
断易・周易のどちらで占うにしても、明確ではっきりとした質問を心に思い浮かべなければいけません。
そして、その質問は、時間の範囲を限定しなければなりません。
例えば、『6ヶ月以内に結婚できるでしょうか』『6ヶ月以内にリストラになりますか』という質問です。
これからの未来の予言的な事に成果を上げます。

色々な質問がきますが、かなりの確率で占断の通りになり、易学の不思議を感じます。
結婚の吉日選び
中国の伝統として、『結婚』『結納』『新居移転』『オープニングセレモニー』など重要な行事に最良の日を選びます。
相談者には、前もって結婚する男女の誕生日や時間帯を提供して頂き、総合的に判断して最良の日をお伝えします。他に、開所式・落成式・地鎮際・子造り・宝くじ・プロポーズ・納骨の儀式・結団式など個人や法人の重要行事にも最良の日を選び、天の図り知れない恩恵を授かります。
   
プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記